これからのかかりつけ薬剤師

実務実習指導薬剤師とは「学生に教える担当者」→全部ひとりでしなくてOKです。

  1. HOME >
  2. これからのスキルアップ >
  3. これからのかかりつけ薬剤師 >

実務実習指導薬剤師とは「学生に教える担当者」→全部ひとりでしなくてOKです。

【実務実習指導薬剤師になりたい人】
実務実習指導薬剤師って何をする資格なんだろう。どうすればなれるの?学生を教えるってむずかしそうだけど、大丈夫かな。

そんな悩みに答えます。

 

【この記事でわかること】
・実務実習指導薬剤師とは「学生に教える担当者」全部ひとりでしなくてOKです。

・実務実習指導薬剤師になるには「実務5年」「ワークショップと講習の受講」でほぼOK

 

この記事を書いているボクは、調剤薬局で9年勤めてる薬剤師。

管理薬剤師歴は4年ほど。

薬局長や薬剤師会の理事なんかもしています。

 

若手薬剤師の「いまさら聞いていいの?」って疑問を解決するためのブログを執筆。

実務実習指導薬剤師を3年しています。

今まで5人の学生を指導した経験から記事を書いています。

 

実務実習指導薬剤師とは「学生に教える担当者」全部ひとりでしなくてOKです。

実務実習指導薬剤師とは、カンタンにいうと「実務実習で学生を教える担当者」です。

実務実習指導薬剤師がいないと薬局でも病院でも学生の引き受けができません。

 

指導薬剤師が必要な薬局とかだと、会社が取得を支援していることも。

ただ「スケジュール管理や指導の内容をきちんと把握している人」って立ち位置なので、実際に他の人が教えても大丈夫

 

長い実習を指導薬剤師がひとりで教え続けるって必要はありません。

 

具体的にどんなことをするの?

実務実習指導薬剤師の具体的な仕事は

 

  • 学生への指導内容・進捗の把握
  • 実習スケジュールの管理
  • 学生の評価
  • 地域での実習協議会への参加
  • 外部対応(連携病院や大学担当者など)

 

大まかにこの辺りです。

他に社内で研修や書類作成が決められているところもあります。

 

ざっくりと

実務実習がモレ・ヌケがなく進むように管理する

実習に関する外部とのイベントに参加する

 

この2つを意識して進めれば問題はありません。

 

そもそも実習って勤務先にメリットってあるの?

実務実習指導薬剤師の資格取得をサポートしてくれる会社はありますが、メリットってあるのでしょうか。

 

会社にとってのメリットは

 

就活の時に認知してもらえてると採用の可能性が高まる

実務実習の報酬が大学から入る

学生教育は社会貢献として必要

 

こういったメリットがあります。

 

「リクルートで有利だったり、まとまった報酬も手に入るし、そもそも会社の使命としてすべきだよね」

って感じです。

 

だからこそ指導薬剤師の取得でも、その後の実際の受け入れでも会社がしっかりサポートしてくれることは多いです。

仕事が大変になりそうとネガティブにならず、ぜひ目指してみましょう。

 

実務実習指導薬剤師になるには「実務5年」「ワークショップと講習の受講」でほぼOK

実務実習指導薬剤師になるにはどうすればいいか。

 

【受講資格】
・実務経験5年以上働く
・連続で実務3年以上働く

JPALSや研修認定薬剤師などは、持っていた方が望ましいとされる。なくても一応大丈夫)

 

【なるためには】
・ワークショップを受ける
・講習を受ける

 

大まかにいうと

実務の経験年数が条件を満たす必要なワークショップと講習を受ける申請なれた!

この順序です。

 

ワークショップとか講習とか大変そうだな

実務実習指導薬剤師のワークショップ講習会はどんな内容なんでしょうか。

実際にボクが受けた時の経験をメインに解説します。

 

ワークショップ

ワークショップはグループディスカッションがメインです。

土日で2日間、朝から晩までガッツリありました。

 

「実務実習のカリキュラムを理解する」ってテーマで8人くらいのグループで話し合いました。

ルーブリック評価で達成度を評価するので、その評価の考え方を学ぶためにワークをします。

 

「生命倫理について理解する」ってのを学生が習得できるってランクを4段階でどう表現するか。

何を求められ、実際に学生がどうなれば順番に成長していけるのか。

 

学生がどう成長していいか、迷わないよう表現にも注意します。

最後はポスターにまとめて発表をしました。

 

座学による講習会

ワークショップとは別の日に2時間ほどの講習会です。

ボクの時はワークショップと講習会どちらを先に受けても大丈夫でした。

 

23時間ほどの座学を聞いて終わり。

簡単なレポート提出がありました。

講習会は日程の調整さえできればOKといった感じ。

 

 

ワークショップと講習会をクリアすれば申請し、「実務実習指導薬剤師」になることができます。

 

なるのに大変なことってあるの?

実務実習指導薬剤師になるまでに大変なことがあるなら気になりますよね。

個人的には「ワークショップ」がけっこうハードでした。

 

理由は、

通常の業務とは別に土日の受講

開催地まで遠かった

カリキュラムが密なのでずっと集中しないといけない

 

休みの日に研修となったので、体力的にハードに感じました。

 

この辺りは店舗のシフトとのバランスなので、うまくシフト調節できればハードでないかも。

カリキュラムもけっこうすることが多かったですが、確実に成長できます。

 

「チームで何か一つのものをまとめる」って達成感も価値が高かったと思います。

実習生を教える前に、取得自体が自分の成長の機会になったことは間違いないですよ!

 

実習生を教えるってむずしそうで不安だな

実務実習指導薬剤師として学生を教える。

むずしそうで不安になりますよね。

 

結論、大丈夫です。

学生は基本的なことから始めてなので、むずかしいことを教える必要はまったくないです。

 

普段の業務の流れ

一般的な薬の情報

医療業界のこと

 

知っていることを少しずつ教えていけばそれだけで学びになります。

 

あとは「服薬指導」が重視されているので、優しそうな患者さんを選んで一緒に行ってみましょう。

薬の種類は少しずつ範囲を広げればOK

 

スケジュールに困っても薬学教育協議会が予定のサンプルが準備してくれているので参考にしながら進めていきましょう。

 

学生を教えることで自分の知識の見直しにもなります。

成長の一歩として、ぜひ参考にしてみてください。

-これからのかかりつけ薬剤師
-, ,

© 2022 えるいちBlog Powered by AFFINGER5