知っておきたい 医療業界の話

地域薬剤師会とはこんな仕事【薬局をいろんな角度からサポートしてます】

  1. HOME >
  2. 知っておきたい 医療業界の話 >

地域薬剤師会とはこんな仕事【薬局をいろんな角度からサポートしてます】

【薬剤師会のことがわからない人】
〇〇市薬剤師会って何してるところなんだろう?日本薬剤師会とか県薬剤師会とかいろいろあってわからないなぁ。入会のメリットとかあるの?

そんな悩みに答えます。

 

【この記事でわかること】
・地域薬剤師会とはこんな仕事【薬局をいろんな角度からサポートしてます】
・地域薬剤師会ってどんな立ち位置?業界団体の相関をざっくり解説
・地域薬剤師会に入る3つのメリット人によっては少しデメリットあり

 

この記事を書いているボクは、調剤薬局で9年勤めてる薬剤師。

管理薬剤師歴は4年ほど。

薬局長や薬剤師会の理事なんかもしています。

 

若手薬剤師の「いまさら聞いていいの?」って疑問を解決するためのブログを執筆。

大阪のある地域の薬剤師会で4年ほど理事をしています。

やってみてわかった経験から解説していきます。

 

地域薬剤師会とはこんな仕事【薬局をいろんな角度からサポートしてます】

地域薬剤師とは、〇〇市薬剤師会のような団体です。

薬局で働いていると研修会なんかのFAXで情報が送られてくると思います。

そういう薬局の身近な情報発信をしてたりします。

 

業務内容はおもに

  • 地域の研修会の企画・運営
  • 休日診療や夜間診療所への人材派遣
  • 学校薬剤師の選出
  • 実務実習の担当薬局の取りまとめ
  • 地域薬局の災害時の体制構築
  • 地域の薬局の開業届などの期限管理
  • 地域の医療センターなどとの連携

 

他にも地域によっては不動在庫の交換会や若手の勉強会をしていたりもします。

 

地域ごとに違うのですべての薬剤師会が同じようにしているわけではないです。

ただ主にこのあたりは薬剤師会がしていることが多い。

 

要は

地域で薬剤師が必要とされるところ

地域の薬局

 

この2つへのサポートをしている団体です

 

運営陣も薬局勤務の薬剤師が兼務でしています。

薬局が少ない地域だと〇〇地区薬剤師会のようにいくつかの市でまとまっていることも。

 

管理薬剤師とかになると関わることが増えてきます。

自分の勤務薬局がどこの薬剤師会所属なのか、知っておくのもいいかもです。

 

地域薬剤師会ってどんな立ち位置?業界団体の相関をざっくり解説

地域薬剤師会って「日本薬剤師会」とか「〇〇県薬剤師会」とは違うの?

同じ名前がいくつもあってわかりにくいですよね。

 

組織的には日本薬剤師会を筆頭に地域に枝分かれし地域薬剤師会に派生していますが、完全に上下関係ってわけではないです。

もともと都道府県薬剤師会は日本薬剤師会の支部でした。

 

大正に厚生労働省から細分化するための省令が発令され、それぞれが法人化。

ようするに、大きくなりすぎたからそれぞれの団体に分けたってことです。

その後、都道府県薬剤師会の支部として市の薬剤師会などができていきました。

 

今は

日本薬剤師会
「薬剤師」って職業を高めるための大きな取り組み

地域薬剤師会
地域の薬剤師が必要なところへのサポート

 

こういった役割をそれぞれ果たしています。

 

選挙の時の連盟活動などでは、日本薬剤師会や地域薬剤師会が一丸となって活動します。

ただ地域ごとに力を入れている活動は違います。

 

地域薬剤師会はそれぞれの判断で活動することを決めているので、組織として上下関係で指示しているわけではありません。

大きな活動は一緒になって動くけど、細かいところはそれぞれががんばってる

そんな感じのイメージでOKです。

 

地域薬剤師会に入る3つのメリット人によっては少しデメリットあり

地域薬剤師会に入るにしてもメリットは知っておきたいですよね。

会員でないと参加できないこともあるので、あなたにとってメリットになるかどうか参考にしてみてください。

 

研修会に参加できる

地域の研修会にクローズの会員しか見れない研修会がたくさんあります。

 

たとえば「地域で求められる認知症サポートと薬剤師にできること」

こういった地域に根ざしたテーマなどがあります。

地域の基幹病院の脳神経外科の医師が担当したりします。

 

実際に処方箋を受け付けた時、処方監査で医師が何を考えているのか知ることは重要です。

勉強の場が増えるってメリットは若手薬剤師さんほど大きいですね。

 

休日診療や学校薬剤師で副収入をゲット

地域薬剤師の会員になっていると休日診療や学校薬剤師などの活動に参加できます。

けっこう高めな報酬がもらえることが多いので、普段の業務プラスアルファの収入にすることでできます。

 

普段の仕事が大変な中、副業をがんばるってむずかしいですよね。

勤め先がまだ副業NGなことも。

 

休日診療とかだと、かかりつけ薬剤師の条件の「地域貢献」に該当するので認められる場合があります。

 

「もう少し収入を上げたいけど、労力がたくさん必要なことは大変

そんな人は会費を払っても結果プラスになるのでオススメです。

 

薬剤師の年収アップについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

あなたにあったパターンがあれば参考にしてみてください。

薬剤師が年収を50万円上げるための方法5選【デメリットも全て解説します】

薬剤師として年収を50万円あげる方法があれば知りたいな。そんな悩みにこたえます。年収50万円アップすると一人暮らしや奨学金返済がだいぶラクになります。メリットとデメリットも解説しているので自分にあった方法を選んでみてください。

続きを見る

 

地域コミュニティで人脈が増える

地域薬剤師会は地域のいろんな団体との交流を持っています。

 

  • 医師会・歯科医師会
  • 地域包括センター
  • 市役所や支払基金

 

薬剤師会で紹介される地域のイベントなどはこういった団体と協力していることが多いです。

 

参加しているとだんだん今までにない人脈ができ、普段の仕事につながることも。

いろんな知識、勉強の機会も増えます。

薬局薬剤師として地域でがんばりたいって人はとてもいいキッカケになります。

 

薬剤師会の取り組みや「どんな人にデメリットか」についてはこちらの記事で紹介しています。

 

地域薬剤師会の活動はわかりにくいですが、地域での活動にすごく役立っています。

薬局薬剤師として活躍したい人はぜひ参考にしてみてください。

-知っておきたい 医療業界の話
-, ,

© 2022 えるいちBlog Powered by AFFINGER5